創価学会の葬儀、葬式/小金井祭典株式会社(東京都小金井市、三鷹市/国立市、武蔵野市、小平市)

小金井祭典株式会社(東京都小金井市、三鷹市/国立市、武蔵野市、小平市)|創価学会の葬儀、葬式

  1. HOME >
  2. 宗教 > 創価学会の葬儀、葬式
創価学会の葬儀、葬式

創価学会の葬式は基本的には仏教式の葬式と大きな違いはありません。創価学会の特徴は、僧侶を呼ばず、友人の代表(儀典長)が導師を務めて学会員がお経を読むため、友人葬と呼ばれ、故人の知人だけでなく、地域の学会員が葬儀に参列するという点です。これは「成仏はあくまでも故人の生前の信仰によるもの」という創価学会の信仰に基づいています。また、香典は必要ありません。ただし、香典を渡してはいけないという決まりは無いので、持参しても構いません。その際、表書きは「御霊前」としましょう。葬式の途中には普通の読経だけでなく、参列者した学会員全員で南妙法蓮華経を唱える題目三唱があります。焼香は3回押しいただきます。創価学会の供花にはしきみや白い花が用いられるので、お花を贈る場合は注意しましょう。

小金井祭典株式会社が提供する葬儀・葬式の基礎知識と事例

創価学会の葬儀、葬式|小金井祭典株式会社(東京都小金井市、三鷹市/国立市、武蔵野市、小平市)

ページトップへ