日蓮宗の葬儀、葬式/小金井祭典株式会社(東京都小金井市、三鷹市/国立市、武蔵野市、小平市)

小金井祭典株式会社(東京都小金井市、三鷹市/国立市、武蔵野市、小平市)|日蓮宗の葬儀、葬式

  1. HOME >
  2. 宗教 > 日蓮宗の葬儀、葬式
日蓮宗の葬儀、葬式

日蓮宗で一番特徴的なのは「南妙法蓮華経(なんみょうほうれんげきょう)」という題目を唱えることです。葬儀の中でもこの題目が何度も唱えられます。日蓮宗の葬儀と他の仏教の違いは題目以外に「葬儀の流れ」にあります。日蓮宗の葬儀の流れは以下のようになります。
①総礼で僧侶と参拝者全員が題目を三唱し、仏様を招き入れる道場偈という儀式を行う。
②三宝礼で仏法僧の三宝に礼拝し、久遠実成の釈尊、菩薩、諸仏諸尊、日蓮聖人などを招き入れる勧請という儀式を行う。
③開経偈で法華経の功徳をたたえ、読経をした後、咒讃鐃鈸と呼ばれる仏様に対する演奏を行う。
④開棺・引導を行ない、教訓を拝読し、唱題する。参拝者はこの間に焼香を行ない、焼香の際には参列者は1回おしいただきます。
⑤宝塔偈で法華経を受戒した功績を讃え、回向を行なう。
⑥四誓で人々を救うことを、三帰で三宝に帰依し仏法に精進することを誓い、最後に奉送で仏様をお送りする。
日蓮宗の葬儀、葬式に参列する場合は、流れをある程度把握した上で、焼香の回数や方法などに注意するようにしましょう。

小金井祭典株式会社が提供する葬儀・葬式の基礎知識と事例

日蓮宗の葬儀、葬式|小金井祭典株式会社(東京都小金井市、三鷹市/国立市、武蔵野市、小平市)

ページトップへ